PR

【NovelAI】画風呪文の総まとめ!多彩な画材で絵に新たな彩りを

【NovelAI】画風呪文 総まとめ!
この記事は約9分で読めます。

[2024/01/17]「NovelAI Diffusion V3」で画風呪文の効き具合などが変わったため、最新情報を反映して記事を加筆・修正しました。

NovelAIで使える様々な画材

水彩、パステル、マーカー、色鉛筆、…世の中には数多くの「画材」があります。それぞれに特徴があり、この画材の持つ個性が絵に彩りを与え「画風」を生み出します。

NovelAIでも、画材を表す呪文(プロンプト)を使うことで、イラストにその画材のタッチを加えることが可能です。

本記事では、私が実際に試してみた画風呪文をご紹介します🖌️

【画風の呪文】ふんわり系
ふんわり系の画材
【画風の呪文】かっちり系
かっちり系の画材
【画風の呪文】モノクロ系
モノクロ系の画材

画風呪文を使うときのポイント

それぞれの画材の紹介に入る前に、重要なポイントをお伝えしておきます。このポイントを抑えておかないと、なかなか思い通りのタッチにならないかもしれません。

画材の効果は「強調タグ」で調整

画材呪文の種類やプロンプトの組み合わせなどによっては、効果が現れにくい場合があります

たとえば、下のイラストは「watercolor(medium)」という「水彩絵具」のプロンプトを使っていますが、あまり水彩画っぽさは感じませんよね?

画風呪文で効果が現れにくいケース
水彩画っぽさが弱い

このようなときは、強調タグ({ })を使って呪文をしっかり強調しましょう
このイラストの場合は、強調タグを5個ほど重ねると水彩画っぽさが現れてきました。

【画風の呪文】画材の効果は強調タグで調整する
るん
るん

呪文が効かないとあきらめずに「強調」してみましょう!

✅参考記事
>> 【NovelAI】呪文の{強調}と[弱化]はAIイラスト上達に必須!


「NovelAI Diffusion V1」モデルでは、画材の呪文の種類によって、リアル顔になるものがあります。

例えば、「ボールペン画」を表す呪文を使うと、左側のイラストのようにリアルな描写になります。これはこれでいいのですが、もっとアニメっぽいタッチにしたいというときはネガティブプロンプトにrealisticを指定すると良いです。

NovelAIの画材によってはリアル顔になる
画材によってはリアル顔になる
るん
るん

最新の「V3」モデルでは、このように予期せずリアル顔になることはありません

画材呪文の一覧

ここからは個別の画材呪文(タグ)を紹介していきます。画材によって「ふんわり系」「かっちり系」「モノクロ系」と分けてみました。

ここで紹介する呪文および掲載画像は「NovelAI Diffusion V3」モデルを前提としています。以前のモデルである「V2」「V1」では効果が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ふんわり系の画材

まずはふんわりとした表現に適した画材についてご紹介!アナログの優しいタッチを出したいときにピッタリです。

水彩絵具:watercolor (medium)

【画風の呪文】watercolor (medium):水彩絵具
画材の特徴

水彩絵具は水溶性の絵具で、比較的低価格で購入できるので、幅広い年齢層に親しまれています。小学生の頃などに使った人も多いのではないでしょうか。水彩画は淡く繊細な色彩表現ができることが魅力で、一般的には自然や風景などの柔らかい表現に向いています。

NovelAIの画材を表現する呪文の中でも、水彩は最も画材の特徴が出やすいものの1つです。

るん
るん

watercolor (medium)」は私のオススメ呪文です!

色鉛筆:colored pencil (medium)

【画風の呪文】colored pencil (medium):色鉛筆
画材の特徴

色鉛筆は、もっとも手軽に使える画材の1つです。
価格もリーズナブルで、子どもはもちろん、大人の塗り絵などでも使われたりしています。
色を塗り重ねることもでき、奥の深い画材とも言えます。

水彩色鉛筆:watercolor pencil (medium)

【画風の呪文】watercolor pencil (medium):水彩色鉛筆
画材の特徴

「色鉛筆」には「油彩色鉛筆」と「水彩色鉛筆」の2種類があります(ほとんどは油性色鉛筆です)。
水彩色鉛筆は、水彩絵具のように水で溶かすことの出来る水溶性の色鉛筆で、グラデーションやぼかしの表現が可能です。一般的な色鉛筆と同じように鉛筆タイプなのに、手軽に水彩画のような味わいを楽しめるのが魅力です。

NovelAIでの水彩色鉛筆は、水彩絵具同様に効果が比較的出やすい呪文です。それほど強調しなくても十分水彩色鉛筆らしさを実感できるでしょう。

コピック:copic painting

【画風の呪文】copic painting:コピック
画材の特徴

「コピック」はイラストマーカーの一種で、イラストやマンガなどでよく使われている画材です。

コピックで描いたイラストは発色が鮮やかで、濃淡を表現することもできるので、立体感や陰影を描くことも可能です。輪郭線をはっきりと強調することができ、広い面積も塗りやすいという利点があります。

NovelAI Diffusion V1モデルでは、似た効果を発揮する「marker (medium)」という呪文がありました。ですが、V3ではこの「marker (medium)」はほとんど効果がありません。


「パステル」は、美しい発色とやわらかな風合いが特徴の画材です。手や布、擦筆などによるぼかし表現も可能で、印象派の画家が使用したことでも知られます。混色が難しく、ある程度の色数が必要とされる一方で、準備や後片付けが簡単で手軽に楽しめる点は魅力です。

NovelAIにおいては「V1」では使うことができた呪文ですが、残念ながら「V3」ではほとんど効果がありません

【NovelAI】パステル

かっちり系の画材

次は、メリハリをつけてかっちりとした表現ができる画材について紹介します。

アクリル絵の具:acrylic paint (medium)

【画風の呪文】acrylic paint (medium):アクリル絵具
画材の特徴

アクリル絵具は、水彩絵具のように水で溶かして手軽に使用できる画材です。
使い方次第で、水彩絵具のように「にじませた表現」も、油絵具のような「重ね塗りの表現」も可能です。

私はあまりアナログ画材に詳しくないので、NovelAIで「アクリル絵具らしさ」が出ているかどうかよくわからないのが正直なところですが、水彩絵具ともオイルペイントとも違う表現にはなっているようです。

油彩絵具:oil painting (medium)

【画風の呪文】oil painting (medium):油彩絵具
画材の特徴

油彩絵具は、オイル(油)と顔料を混ぜた絵具で、油絵に使用される画材です。美術の王道とも言える画材かもしれません。
乾燥が早い水彩絵具やアクリル絵具とは異なり、乾くまでに相当の時間がかかるため、時間をかけて描き込んだり、層を重ねたりできます。重厚な表現が魅力です。

V1モデルでは、oil painting (medium)は効果を強調すると「リアル顔」になってしまって扱いが難しかったのですが、V3ではバランスの取れた使いやすい画材になりました✨

ガッシュ:gouache (medium)

【画風の呪文】gouache (medium):ガッシュ
画材の特徴

ガッシュは、水彩絵具の一種で「不透明水彩」と呼ばれます。
「透明水彩」が淡くぼかしたりにじませたりできるのに対して、「不透明水彩(ガッシュ)」は油彩絵具のように重ね塗りすることができます。重厚感を出せることが特徴です。

浮世絵:ukiyo-e

【画風の呪文】ukiyo-e:浮世絵

少し変わり種の画材(画風)として使えるのが「浮世絵(ukiyo-e)」です。

「浮世絵」は、江戸時代に流行した風俗画のことで、当時人気の役者や風景などが描かれました。有名な浮世絵師には「東洲斎写楽」や「葛飾北斎」「歌川広重」などがいます。


【NovelAI】マーカー

イラストマーカーといえば、「コピック」が有名でしょうか。マーカーで描いたイラストは発色が鮮やかで、濃淡を表現することもできるので、立体感や陰影を描くことも可能です。輪郭線をはっきりと強調することができ、広い面積も塗りやすいという利点があります。

NovelAIのマーカーは、効果がはっきり現れます。かなり目を惹く絵柄になるでしょう。

るん
るん

率直にいうと「濃ゆい」です(笑)

あまりリアル調にもなりませんし、強調しなくても十分濃いので、タグの微調整はそれほど必要なさそうです。逆に、弱化タグ([])を使ってマーカーの効果を少し弱めてもいいかもしれません。

【NovelAI】木版画

木版画とは、平たい木の板に、彫刻刀で模様や図柄を刻み、インクをつけて紙や布などに転写する版画の一種です。日本の浮世絵も版画で刷られたものが多くあります。模様や色使いが独特で、手作業ならではの味わいが魅力です。

NovelAIの画材の中でも、木版画はちょっと変わり種です。このタグは効果が弱く、何度か強調タグを重ねる必要があります。問題点というかちょっと笑ってしまう点として、タグを強調していくと服装が和服になってしまいます(笑)
上のイラストも「白いブラウス」を指定しているのに、着物になっちゃいました😅服装のコントロールが難しい呪文です。

モノクロ系の画材

最後はモノクロ系の画材です。カラーとして呪文を使うこともできますが、モノクロの方が画材の良さを活かせるのではないかと私は思っています。

モノクロ(白黒)にするために、それぞれの画材呪文と合わせて、monochromeやgreyscaleといったタグも併用すると良いです。

鉛筆:graphite (medium)

【画風の呪文】graphite (medium):鉛筆
画材の特徴

鉛筆で描くイラストはアナログ独特の味があります。
軽いタッチで描くことができるので、細かい線や陰の表現が得意です。また、モノクロのグラデーションは絵に落ち着いた印象を与えます。
消しゴムで消せるので、修正が簡単というのも気軽に楽しめる理由でしょう。

NovelAIで鉛筆画のタッチにするためにはpencilではなくgraphite (medium)というタグを使います。

またsketchというタグも合わせて使うと、まるでスケッチブックに走り書きしたような味わいのイラストになります。

ボールペン:ballpoint pen (medium)

【画風の呪文】ballpoint pen (medium):ボールペン
画材の特徴

ボールペンは文字を書く筆記具という印象が強いかもしれませんが、画材としても使うことができます。「ボールペンイラスト」の本も色々出版されています。
シンプルなキャラクターなどを描くことが多いようですが、技術を磨いていくと緻密なイラストも描けるようになります。

NovelAIでは、ballpoint pen (medium)というタグになりますが、monochromeをつけてモノクロにした方がよりボールペン感が出ると思います。ぱっと見、鉛筆画に似ていますが、ボールペンの方がより輪郭がはっきりしている印象です。

ミリペン:millipen (medium)

【画風の呪文】millipen (medium):ミリペン
画材の特徴

ミリペンは漫画のペン入れや製図などに使われる極細のサインペンです。一定の線幅を引くことができます。

NovelAIでは、ボールペンとの違いがほとんどありません。タグを強調してもあまり変化がありません。

インク:ink (medium)

【画風の呪文】ink (medium):インク

万年筆インクは本来筆記具というイメージですが、画材としても人気があります。

NovelAIでは ink (medium) という呪文で表現することができ、強調していくとアナログ独特の味わいが生まれます。個人的にはインクがほとばしるようなもっと荒々しいタッチを期待していましたが、キレイにまとまりのあるタッチになるようです。

画風呪文で新しい彩りを!

NovelAIでは画風・画材もプロンプト(呪文)で指定することができます。
画風呪文を使うと、いつものイラストに新しい彩りを与えることができるので、AIイラストがますます楽しくなりますね😊

るん
るん

普段と違うタッチで描きたくなったら、ぜひ「画風呪文」をお試しください♪

✅他にもこんな呪文があります

プロフィール
この記事を書いた人
千鳥 るん | Chidori Run

画像生成AIで思い通りのイラストを描くためのノウハウを試行錯誤で模索しています。IT企業でAI戦略に関わっていたこともあるAIエンジニアです。大学生の頃から趣味でイラストを描いていましたが、仕事が忙しくなり一旦筆を置きました。最近、NovelAIと出会ってまたお絵描きへの情熱を取り戻しています。

千鳥るんをフォローする
NovelAI
スポンサーリンク
シェアする
千鳥るんをフォローする
るんるんスケッチ

コメント