PR

【NovelAI】もう構図に悩まない!構図をキメる2つのポイントを解説

【NovelAI】構図を決める2つのコツ
この記事は約5分で読めます。

構図の工夫で絵に躍動感を

るん
るん

構図に悩むことって多いですよね

イラストにおいてキャラクターはもちろん重要ですが、構図も大切な要素です。

正面からのバストアップばかりではなく、見る視点や見る位置を変えれば、いつもと違った雰囲気のイラストを描くことができます。

あおり視点(from below)
あおり視点での女の子
俯瞰視点での女の子
俯瞰視点での女の子

構図を決める2つのポイント

イラストの構図には2つのポイントがあります。それは「フレーミング」と「カメラアングル」です。

  • フレーミング:キャラクターの体のどこを描くか
  • カメラアングル:キャラクターをどこから見るか

フレーミング

1つめのポイントは、被写体(イラストに描くキャラクター)の体のどこを描くかという「フレーミング」です。
普通、キャラクターイラストの場合、顔を描きたいと思うはずですよね。なので、顔を中心として、カメラを引いたり寄せたりして、体のどこまでをイラストに描きたいかを考えます。

[NovelAIの構図] フレーミング

カメラアングル

2つめのポイントは、被写体をどこから見るかという「カメラアングル」です。

これは次の2点を考えるとわかりやすいでしょう。

  1. 視点の角度(上から見るか、下から見るか)
  2. 視点の位置(横から見るか、後ろから見るか)
[NovelAIの構図] カメラアングル

注意点

「フレーミング」や「カメラアングル」の呪文(タグ)をプロンプトに指定しても思い通りにならないことがあります。

その原因として考えられるのは、指定した「フレーミング」や「カメラアングル」と矛盾するようなタグがプロンプトに含まれていることです。

たとえば、こんなケースを考えましょう。
キャラクターの「顔」を中心とした構図にしたいので、顔~肩くらいまでのフレーミングを表す「portrait」というタグを使って、次のようなプロンプトで画像を生成してみます。

プロンプト

1girl, white blouse, long skirt, blonde hair, medium hair, light smile, forest, portrait

こんな画像が生成されました。

[NovelAIの構図] 「ポートレート」なのに下半身も写っている
らん
らん

なんか下半身も写ってるんですけど💦

るん
るん

何が原因かわかりますか?

原因はプロンプトにある「long skirt(ロングスカート)」です。

ロングスカートを描こうとした場合、必然的に下半身も描くことになります。なので「portrait」の構図にはなりません。矛盾しています。

このようなときは「portrait」で映るはずのないモノを表すタグをプロンプトから抜きましょう。このケースでは「long skirt」を抜きます。

[NovelAIの構図] ポートレート
らん
らん

今度はOKだね

フレーミング

るん
るん

NovelAIでのタグ(呪文)を実際に生成した絵と共に紹介します

では実際にNovelAIでのタグ(呪文)と絵を見ていきましょう。

同じ呪文でも生成画像の「アスペクト比(縦型・横型・正方形)」によって構図が微妙に異なることに注意しましょう。

full body:全身

頭から足先まで全身を描きます。顔が崩れやすいという点に注意が必要です。

[NovelAIの構図] フレーミング(全身)

cowboy shot:顔~太もも

cowboy shotというのは、顔から太ももまでを写すショットです。西部劇などでカウボーイが腰に下げているピストルまで映るようにしたことが名前の由来らしいです。

[NovelAIの構図] フレーミング(太ももから上)

upper body:上半身

[NovelAIの構図] フレーミング(上半身)

portrait:顔~肩

ポートレートは肖像画のことで、顔を中心としてだいたい肩・鎖骨くらいまでを描きます。

[NovelAIの構図] フレーミング(胸から上)

close-up:顔

ぐぐっと被写体に寄ります。close-upは接写という意味で、対象を画面いっぱいに映すことです。
顔に寄るとは限りませんが、顔がアップになることが多いです。

[NovelAIの構図] フレーミング(クローズアップ)

カメラアングル

「カメラアングル」を制御する呪文についても、NovelAIで生成した画像とともに紹介していきます。

from above:上から(俯瞰)

いわゆる「俯瞰(フカン)」視点です。

[NovelAIの構図] カメラアングル(上から)

from below:下から(あおり)

いわゆる「あおり」視点です。

[NovelAIの構図] カメラアングル(下から)

from side:横から

横からの視点は、被写体がこちらを向くことが多いです。

[NovelAIの構図] カメラアングル(横から)

もし、横顔にしたいのであれば「profile」という呪文も合わせて書くと良いです。

[NovelAIの構図] カメラアングル(横から・横顔)

from behind:後ろから

[NovelAIの構図] カメラアングル(後ろから)

被写体がこちらを向いてしまうことがありますが、もしかすると「smile」など表情に関するタグが含まれているのかもしれません。

表情に関するタグが含まれていると「顔」を描くことになりますので、必然的に被写体がこっちを向いて顔を見せる構図になります。
完全に後ろ向きを描きたいときは、「顔」に関するタグは抜きましょう。

構図の工夫で魅力度アップ!

面白い構図というのは、目に留まるものです。

「被写体のサイズ」と「視点の角度・位置」を意識して、楽しい構図を探してみてくださいね♪

るん
るん

魅力的な構図を研究してみましょう

絵の雰囲気をいつもと変えてみたいなら、こちらの記事もオススメです!

キャラクターの魅力をアップさせるなら、こちらもどうぞ!

プロフィール
この記事を書いた人
千鳥 るん | Chidori Run

画像生成AIで思い通りのイラストを描くためのノウハウを試行錯誤で模索しています。IT企業でAI戦略に関わっていたこともあるAIエンジニアです。大学生の頃から趣味でイラストを描いていましたが、仕事が忙しくなり一旦筆を置きました。最近、NovelAIと出会ってまたお絵描きへの情熱を取り戻しています。

千鳥るんをフォローする
NovelAI
スポンサーリンク
シェアする
千鳥るんをフォローする
るんるんスケッチ

コメント

  1. たま より:

    いやぁ、このあたりの方法が知りたくて試行錯誤していた所でした。助かります。
    fromなしでやっていたのですが、あったほうがいいのでしょうか?
    (どうせ今から試すのですけど^^)

    • 千鳥 るん | Chidori Run 千鳥 るん | Chidori Run より:

      私も試してみましたが、fromはつけた方が良さそうですね^^
      fromがないといまいち意図通りにならないみたいです