PR

NovelAIのAIイラストをEagleでスマートに管理しよう【プロンプトも自動登録】

NovelAIのAIイラストをプロンプト付きでEagleに登録する
この記事は約8分で読めます。
らん
らん

NovelAIで生成した画像をプロンプトと一緒に管理したいよ

るん
るん

私の開発したEagle連携フリーソフトを使ってください😊

新バージョンもリリースされ、ますます進化している画像生成AIサービス「NovelAI」。
画像生成が楽しくてどんどん生成しているうちに、フォルダが生成した画像でごちゃごちゃになってしまうことってありますよね💦

AIイラストで生成した大量の画像の管理にとても便利な「Eagle」というソフトウェアがあります。

Eagleでは、画像にメモやタグ、星評価などのさまざまな情報を付けられるので、探したい画像をすぐに探し当てられます。大量の画像でもスマートに管理することができるのです✨

画像管理ソフトEagle
Eagleの画面

NovelAIの画像も、Eagleにドラッグ&ドロップするだけで簡単に登録できるのですが、普通に登録しても特に何の情報も付与されません

EagleにNovelAIの画像を普通に登録しても情報は付かない

でも、生成画像のプロンプトやネガティブプロンプト、サンプラー、Seedなどの情報も一緒に管理できると嬉しいですよね。

そこで、エンジニアでもある筆者が、NovelAIで生成した画像をプロンプトなどの情報付きでEagleに登録できるフリーソフトを作りました!

本記事では、このフリーソフト「NovelAI to Eagle」の機能や使い方をご紹介します。皆さまのNovelAIライフをきっとより快適にしてくれると思います✨

「NoveAI to Eagle」はこちらからダウンロードできます。現在の最新バージョンは「1.1.1」です。

最強の画像管理ソフト「Eagle」

まず、「Eagle」をご存知ない人のために、私が最強の画像管理ソフトだと思っている「Eagle」についてご紹介します。

Eagleのことはもう知ってるよ、という人はここは飛ばして「NovelAI×Eagleで生成画像をスマート管理」に進んでください。

Eagleでできること

NovelAIだととにかくたくさん絵を生成することができるので、すぐに数百、数千枚という画像がPC内にたまってしまいます。

あとから「あのときのあの画像はどこだっけ…?」と思ってもなかなか見つけることができません

生成画像でごちゃごちゃのフォルダ
生成画像でごちゃごちゃのフォルダ

こんなとき、「Eagle」という画像管理ソフトを使うことで、大量の画像でもすっきりと管理することができます。

Eagleのもっともすごいところは「検索」です。
AIイラストで困るのは、あとから画像を探したくても、大量の画像に埋もれてしまって探せないという点です。

Eagleで管理する画像にはメモやタグ、星評価などのさまざまな情報を付けられます。これらの情報をもとにして多面的に画像検索できるので、お目当ての画像にすぐにたどり着けるのです。

Eagleで管理する画像にはさまざまな情報が付与できる

Eagleの料金

Eagleの料金は、29.95ドルの買い切りです。サブスクリプションのように毎月払い続けなくていいので長く使うことを考えるとコストパフォーマンスに優れています。

また、最初に30日間の無料トライアル期間があります。クレジットカードの登録も必要ないので、気軽に試すことができます。また、学生や教職員の場合、割引を受けられるのもポイントです💡

1つのライセンスで2台までインストールすることができるので、自宅と職場、デスクトップPCとノートPCというように便利に使えます。

\  まずは30日間の無料体験 /
るん
るん

AIイラストを本格的に楽しみたい人に超便利なソフトです✨

NovelAI×Eagleで生成画像をスマート管理

さて、この便利なEagleでは、もちろんNovelAIで生成したAIイラストも管理することができます。

基本的には、Eagleに画像をドラッグ&ドロップするだけで簡単に登録できるのですが、普通に登録しても特に何の情報も付きません

これだと後から「あの画像、どこだっけ?」となっても、なかなか探しづらいと思います。

そこで、「NovelAI to Eagle」の出番です🪄
このフリーソフトを使ってNovelAIの生成画像をEagleに登録すると、プロンプトやネガティブプロンプト、サンプラー、Seedなどの生成時のパラメータ情報を付与してEagleに登録できます。

画像をクリックするだけで、Eagle上でパラメータをひと目で確認できて便利です。

「NovelAI to Eagle」ならプロンプトなどの情報を自動登録できる

こうしておけば、プロンプトなどの情報で検索して画像を絞り込むこともできますよね。

画像生成AIの「Stable Diffusion」には、「Eagle-pnginfo」という拡張機能があり、生成した画像をプロンプトや他の設定値の情報とともにEagleに登録することができます。

「NovelAI to Eagle」は、これのNovelAI版のようなものだと思ってください。

フリーソフト「NovelAI to Eagle」の使い方

「NovelAI to Eagle」の使い方をご説明します。完全無料で料金は一切かかりませんのでご安心ください😊
なお、現時点では「NovelAI to Eagle」はWindowsのみに対応しています。

ダウンロード

まずは、こちらから「NovelAI to Eagle」をダウンロードしてください。

ダウンロードしたzipファイルを解凍しましょう。

  • nai2eagle.exe:ソフトウェアの本体
  • Readme.txt:ソフトウェアの説明書

使い方

まず、「Eagle」本体を起動しておきましょう
(「Eagle」本体を起動するタイミングは、画像をEagleに登録する前ならいつでも構いません)

そして、nai2eagle.exeをダブルクリックしてソフトを起動します。
このようなウィンドウが立ち上がります。

NovelAI to Eagleの起動画面
「NovelAI to Eagle」の画面

登録したい「NovelAIの生成画像」を選択します。

  • ファイル単位で選択したい場合は「ファイルを選択」をクリックして、登録したい画像を選択します。複数画像を選択することもできます。
  • フォルダごとまとめて登録したい場合は、「フォルダを選択」をクリックして、所望のフォルダを選択します。フォルダ内のサブフォルダ内の画像もまとめて登録されます。
[NovelAI to Eagle] 画像を選択

そして、「Eagleフォルダを選択」から、画像を登録したいEagleのフォルダを選択します。リストにフォルダが見つからないときは、右にある「フォルダ情報を取得」ボタンを押してください。

フォルダを選択しない場合または(指定なし)を選択した場合、フォルダなしとしてEagleに登録されます。

[NovelAI to Eagle] 登録先のEagleフォルダを選択

最後に「Eagleに送る」をクリックすると、指定した画像がEagleに登録されます。

[NovelAI to Eagle] Eagleに送る

プロンプトはカンマ区切りでタグとして登録され、その他の情報はメモ欄に登録されます。

「NovelAI to Eagle」ならプロンプトなどの情報を自動登録できる

以上が「NovelAI to Eagle」の使い方です。

らん
らん

とっても簡単!

ご意見・ご感想など

「NovelAI to Eagle」のご意見・ご感想などありましたら、本記事のコメント欄か「お問い合わせフォーム」でお願いいたします。

「こんな機能もほしい!」などのご要望もお気軽にコメントください。次期バージョンの参考にさせていただきます。

参考:プロンプトなどの情報を登録できる仕組み

らん
らん

なんで画像ファイルを選ぶだけで「プロンプト」まで登録できるの?

るん
るん

画像ファイルの中に情報が付いているからです

jpegやpngなどの画像ファイルには画像そのもののデータの他にも「メタデータ」と呼ばれる補足データを付けることができます。

たとえば、スマホのカメラで撮影した画像は日時や場所などで検索をかけたりできますが、これは場所や日時などの情報が画像に付与されているからです。

るん
るん

このメタデータを「exif」といいます

NovelAIで生成した画像にも、「プロンプト」や「ネガティブプロンプト」など、生成時のパラメータ情報が付与されています。この情報を読み出して、Eagleに画像とともに送ればいいというわけです。

NovelAIの生成画像はPNGというファイル形式で、「チャンク」と呼ばれる小さなデータの集まりで構成されています。この中の「テキスト情報」に、プロンプトやネガティブプロンプトなどの情報が格納されています。

NovelAIのPNGファイルのデータ構造
NovelAIのPNGファイルのデータ構造

まとめ

NovelAIで生成したAIイラストは、フリーソフト「NovelAI to Eagle」を使ってEagleと連携することで、プロンプトなどの情報も一緒に管理することができます。

こうしてEagleでAIイラストを管理することで、後から画像を探すときや、プロンプトを確認したいときに役立ちます。

\  まずは30日間の無料体験 /

AIイラストには「大量の生成画像」がつきものですが、Eagleをうまく活用して快適にAIイラストを楽しんでくださいね♪

らん
らん

これでNovelAIがますます楽しくなるね😍

るん
るん

「NovelAI to Eagle」のご意見・ご感想もお待ちしています♪

Eagleの活用法についてはこちらの記事もご覧ください😊

AIイラスト以外にもEagleの活用法はさまざま!ご興味あれば、こちらもどうぞ♪

プロフィール
この記事を書いた人
千鳥 るん | Chidori Run

画像生成AIで思い通りのイラストを描くためのノウハウを試行錯誤で模索しています。IT企業でAI戦略に関わっていたこともあるAIエンジニアです。大学生の頃から趣味でイラストを描いていましたが、仕事が忙しくなり一旦筆を置きました。最近、NovelAIと出会ってまたお絵描きへの情熱を取り戻しています。

千鳥るんをフォローする
NovelAIお絵描きツール
スポンサーリンク
シェアする
千鳥るんをフォローする
るんるんスケッチ

コメント

  1. ccc より:

    素晴らしいツールですね!
    もし可能であれば、コマンドでnai2eagle.exe -パス/フォルダ・ファイル名 -Eagleの取り込み先フォルダ名のように処理ができれば理想的なのですが、ご検討いただければ幸いです。

    • 千鳥 るん | Chidori Run 千鳥 るん | Chidori Run より:

      貴重なご意見ありがとうございます!
      コマンド対応について検討させていだきます。
      今度ともご意見・ご要望などありましたら、お気軽にコメントくださいませ。

      • ccc より:

        ご検討いただきありがとうございます!

        こちらのツールとEagleの併用で、以下のようなことも可能になったのでご紹介させてください。

        1.画像生成時のプロンプトにEagleで仕分けしたいワードを最後に日本語で入力(例:〜,風景,など)
        2.ツールでeagleライブラリに登録すると、日本語で追加したワードもタグとしてそのまま認識されます
        3.eagle上で手順1のワード(風景)で仕分け/検索が可能になりました

        画像管理ツールによっては埋め込まれたプロンプトの日本語箇所は文字化けしますが、このツールでeagleライブラリへの登録は文字化けせずそのまま登録が可能でした!
        整理方法の応用で便利だなと思ったのでご紹介まで。。

        ※特に生成結果には影響しないようです。

        • 千鳥 るん | Chidori Run 千鳥 るん | Chidori Run より:

          なるほど!NovelAIが日本語プロンプトにほとんど反応しないことを利用した面白い方法ですね(^^)
          確かに整理方法として活用できそうです♪
          情報ありがとうございます!