PR

【NovelAI】一部分だけ描き直せる!インペイント機能を解説

NovelAIのインペイント機能を解説
この記事は約6分で読めます。
らん
らん

生成した画像のこの部分だけが変なんだよね😭

るん
るん

そんなときはインペイントで修正しましょう♪

NovelAIはとてもクオリティの高い画像を生成してくれますが、すべてが完璧とはいきません。
やはり、どこかしら不自然なところ、気に入らないところがあることが多いですよね。

そんなときに使える便利な機能が「インペイント」です。
「インペイント」を使うと、気に入らないところをピンポイントで修正することができるので、絵の完成度を効率的に高めることができます。

本記事ではNovelAIのインペイント機能の便利な使い方について解説します!

この記事はこんな人におすすめ
  • NovelAIで生成した画像の一部分だけを修正したい
  • NovelAIで生成画像の完成度を高めたい
  • NovelAIのインペイント機能の使い方を知りたい

インペイント機能

インペイントとは、画像の特定の領域だけを描き直す機能です。

Stable Diffusionなどでは実装されていた機能でしたが、NovelAIでも使えるようになりました。

NovelAIでは「カラースワップ」や「フォームロック」などお絵描きをサポートする機能を次々と拡張していますが、今回の「インペイント」もとても強力な機能です✨

どんなときに役立つ?

るん
るん

あー!ここ以外は完璧なのに!ってことありますよね?
不完全な「ここ」だけを描き直せるのがインペイントです

画像の一部だけを描き直したいというケースにインペイントは有効です。
具体的な使い方も含めて、実際のイラストを例にして見ていきましょう。

インペイントの使い方

次のイラストを例に説明していきましょう。これは以下のプロンプトをもとにNovelAIで生成した画像です。

((masterpiece)), (((best quality))),girl, silver hair, upper body, school uniform, red ribbon, Wharf, wind , sunset

顔もかわいいし、構図もステキだと思うのですが、胸元のリボンがぐちゃぐちゃっとなっていて惜しい感じです😯
こんなとき、インペイントの出番です!胸元のリボンの部分だけを描き直してみましょう!

NovelAIで生成した画像
胸元のリボンがぐちゃぐちゃ…

まず、「画像をインペイントする」というボタンをクリックします。

[NovelAI]画像をインペイントする

すると、インペイントエディターが開くので、ペンを動かして描き直したい領域を塗りつぶしていきます。

[NovelAI]描き直したい部分を塗りつぶす

青みがかった領域がインペイントで描き直される領域です。それ以外の領域はそのままになります。
塗りつぶし終わったら「保存して閉じる」をクリックします。

[NovelAI]塗りつぶしたら保存して閉じる

元の画面に戻ると、インペイントしたい部分がマスクされていることがわかります。

[NovelAI]インペイントしたい部分がマスクされている

では、いよいよインペイントします。
まずこのインペイントの対象領域を「赤いリボン」に描き直してみましょう。プロンプトに「red ribbon」を追加して、画像生成します。

[NovelAI]プロンプトを修正してインペイントする

生成された画像はこちらです!対象の部分だけ描き直されていますね👌

[NovelAI]インペイントで生成された画像(赤いリボン)
リボンだけ描き直すことができた

今度は「赤いリボン」から「緑のネクタイ」に描き直してみましょう。プロンプトの「red ribbon」を「green necktie」に修正して、再び画像生成します。

[NovelAI]インペイントで生成された画像(緑のネクタイ)
緑のネクタイに描き直された

これがインペイントの基本的な使い方です。

インペイントの実践例

ここからはいくつかの例を元に実際の使い方を見ていきましょう。アイデア次第でさまざまな使い方ができるのがインペイントの魅力です😊

大きく言うと、「変える」「消す」の2つのことができます。

  • 変える:絵の一部分を別のものに変える
  • 消す:絵の中の不要なものを削除する

絵の一部を「変える」

手や指を描き直す

AIイラストでもっとも難しいのは「手や指の描写」ではないでしょうか。
NovelAIは「V3」で手指もかなりきれいに生成できるようになりましたが、それでもうまくいかないときもあります。

そんなときは、不自然になってしまった手指の部分だけをインペイントで描き直してみましょう。

たとえば、この左側のイラストでは手の指が多くなっています。これをインペイントで修正することができます。

[NovelAI] インペイントで手指を修正

背景の一部を描き直す

波止場にただずむ女の子のイラストですが、背景の「家」がなんだか不自然です。この部分をインペイントで描き直してみます。今回はプロンプトは修正せずにそのまま画像を再生成します。

[NovelAI]背景の一部が不自然
なんか不自然な「家」

生成するたびにインペイントの指定領域が描き直されます。

[NovelAI]生成するたびにインペイント部分の絵が変わる
インペイントで背景の一部を変更

髪型を描き直す

背景だけではなく、キャラクターの一部分を描き直すこともできます。たとえば、髪の部分をインペイントで選択して、髪型を変更することもできます。
「カラースワップ」だと色を変えることはできますが、「インペイント」であれば色だけでなく髪型までも変えることができます。

[NovelAI]インペイントで髪型を変更
インペイントで髪型を変更

余計なモノを「消す」

画像の中の余計なモノを消すことにもインペイントは使えます。
たとえば、このキツネ耳娘のしっぽが2本あるので、1本消したいとしましょう。消したい方のしっぽをインペイントで領域選択して、画像を再生成すればOKです。

インペイントは余計なモノを消すことにも使える
インペイントは「余計なモノを消す」ことにも使える

複数の部分を描き直すときのコツ

描き直したい部分が複数あるときでも、1つずつ描き直していく方がうまくいきやすいです。
このイラストをもとにして、複数部分を順番に描き直していきます。

[NovelAI]複数部分のインペイント

①服と腕の重なりの修正

まずは右腕と胸元の服が重なる部分ですが、腕の前に服が重なってしまっていて不自然ですね。インペイントエディターで領域選択をして、再生成してみます。
このように自然になりましたね。

[NovelAI]複数部分のインペイント①

②背景の修正

次はヒマワリをハイビスカスに変えて南国気分を盛り上げましょう🌺
インペイントエディターで領域選択したら、プロンプトに「hibiscus」を追加して、画像を生成しましょう。
このようにハイビスカスに変わりました!

[NovelAI]複数部分のインペイント②

③余計なモノを消す

最後に、背景の左端におそらくヒマワリと思われる不自然な植物が描かれてしまっているので、これを消しましょう。インペイントエディターで対象部分を選択して、画像生成します。
うまく消えてくれましたね。

[NovelAI]複数部分のインペイント③

インペイントを使えば絵のクオリティがアップ!

NovelAIの新機能の中でもこの「インペイント」は私の一番のお気に入り機能です。

生成される画像はいくらプロンプトを工夫しても最終的には運に頼る面も多く、画像の中の構成要素がすべて完璧ということはまずありません。

ここだけなんかイマイチ…」というケースが大半です。インペイントは画像の気に入らない部分だけを描き直せるので、絵のクオリティを着実にアップしていくことができます。

るん
るん

こんな便利な「インペイント」!ぜひ活用してみてくださいね♪

画面の外にはみ出してしまった(見切れてしまった)部分を描き足す「アウトペイント」のやり方はこちらの記事をご覧ください♪

プロフィール
この記事を書いた人
千鳥 るん | Chidori Run

画像生成AIで思い通りのイラストを描くためのノウハウを試行錯誤で模索しています。IT企業でAI戦略に関わっていたこともあるAIエンジニアです。大学生の頃から趣味でイラストを描いていましたが、仕事が忙しくなり一旦筆を置きました。最近、NovelAIと出会ってまたお絵描きへの情熱を取り戻しています。

千鳥るんをフォローする
NovelAI
スポンサーリンク
シェアする
千鳥るんをフォローする
るんるんスケッチ

コメント