PR

【初心者OK】生成AIを使ってマンガを描く方法を解説

生成AIでマンガを描く方法を解説
この記事は約12分で読めます。
らん
らん

素人なんだけど…マンガを描いてみたいの!

るん
るん

誰でもはじめは素人♪

生成AIを活用して楽しく描いてみましょう😊

マンガを読む人はたくさんいると思いますが、自分でマンガを描く人はあまりいないかもしれません。
「マンガを描く」というのは、かなり高度なスキルが必要になるからです。

実際に描いてみるとわかりますが、話のネタもなかなか浮かびませんし、限られたページ数の中でうまくストーリーを構成するのも難しいです。
そして何より、「絵を描く」というのは、相当な練習をしないと思うようにいきません。

らん
らん

自分の絵を見て何度絶望したことか…

ですが、今の時代に生きる私たちはラッキーです。私たちには「生成AI」という強い味方がいます。

AIの力を借りることで、マンガ制作のハードルをぐっと下げることができます

この記事では、ChatGPTや画像生成AI(Stable DiffusionやNovelAIなど)を活用してマンガを制作する方法を解説します。

この記事はこんな人におすすめ
  • マンガを描いてみたいけど、絵に自信がない
  • 話題の画像生成AIをうまく使ってマンガを描いてみたい

ここで紹介する方法は、私が実際にAIを使ってマンガを制作する中で試行錯誤して得たノウハウです。

私の作品「夏のまほろば🌻」は下記の外部サイト(ニコニコ静画)でご覧いただけます。ご興味あれば見ていただけるととても嬉しいです♪

夏のまほろば

漫画制作の流れ

らん
らん

よし…!何からどうしよう😓

るん
るん

全体の流れを確認してどこでAIを使うか考えましょう

生成AIを使って漫画を作るといっても、一から十までAIで作れるわけではありません。
まず、一般的な漫画制作の流れは次のようになります。

  1. プロット
  2. ネーム(絵コンテ)
  3. 下描き
  4. ペン入れ

この工程のどこでAIを使えるかを考えてみると、

「1.プロット」:ChatGPTでネタづくりの支援
「4.ペン入れ」:下描きをもとに清書する(img2img

がメインとなるでしょう。

なお、「3.下描き」もAIに描いてもらうという方法もあります。その場合は、txt2imgを使うとよいでしょう。

マンガ作成の流れ

では、流れに沿っていってみましょう!

プロット

[AIマンガ] プロットづくり

プロットの工程ではChatGPTを活用することができます。
具体的には

  • キャラクター設定の深掘り
  • エピソードのネタ出し

などに使えます。

ChatGPTは話の流れも理解してくれますし、「◯◯に関するアイデアを10個出してください」みたいな感じで頼めば、無限にアイデアを提案してくれます。

プロの作家であれば、編集やアシスタントの方と議論することもできるのでしょうが、趣味として描きたい(描いている)アマチュア漫画家の場合、そうもいきません。そんなときにChatGPTは良き相棒として活躍してくれるでしょう。

るん
るん

まさに優秀なアシスタントですね

たとえば、こんな感じです。

らん
らん

舞台が「田舎」ということを活かしたエピソードを5つほど提案してもらえますか?

ChatGPTで生成したアイデア

より詳しく知りたい方はこちらのnoteの記事をご覧ください。

ChatGPTで10年越しのオリジナル漫画のネタ出しをしてみた|千鳥るん|AIイラスト伝道師
世間では何かとChatGPTが話題です。どんなことに活用できるのか、みんな試行錯誤していますね。 私もいろいろと試してみたのですが、今一番楽しい使い方はChatGPTに「漫画のアシスタント」になってもらうことです。 実は10年ほど前からずっ...

ネーム

コマを割りながら、レイアウトやセリフを考えていきます。「絵コンテ」とも言います。
ここは作者の個性や創造力が発揮される工程で、個人的にはAIの出る幕はないかなと思っています。

ペイントソフトで描いてもいいですし、スケッチブックなどに描いてもいいと思います。

[AIマンガ] ネームづくり

下描きと清書

画像生成AIが活躍する重要な工程です。
最初に全体の大まかな流れを説明してから、具体的なやり方を順に詳しく説明します。

下描き&清書の大まかな流れ

必要なもの
  • ペイントソフト(私の場合は「CLIP STUDIO」)
  • ペンタブレット(ペンタブ選びの参考記事
  • 画像生成AI(私の場合は「Stable Diffusion」)

画像生成AIを使った下描き&清書の考え方はざっくり次のようになります。

  • ペイントソフト&ペンタブレットで下描きする
  • 画像生成AIのimg2imgで下描きを清書する
  • 生成した画像の気に入らない箇所を手描きで修正する
  • 以降は、img2img→修正を納得できるまで繰り返す
AIと使った下描きと清書

詳しい流れ

より詳しい流れは下図のようになります。

[AIマンガ] 下描きと清書の流れ
らん
らん

なんか大変そう…

るん
るん

一つひとつはそれほど難しいことをしているわけではないです。順に見ていきましょう♪

①ページ全体の下描き

[AIマンガ] 下描き

必要な道具について

最初に「下描き」で必要な道具である「ペイントソフト」と「ペンタブレット」について簡単にお話ししておきます。

ペイントソフトはお好きなソフトでいいと思いますが、マンガを描くなら「CLIP STUDIO PAINT」が便利です✨マンガのために便利な機能がたくさんありますし、使っている人が多いので、困ったときに情報が手に入れやすいというのもメリットです。

1番売れてるグラフィックスソフト【CLIP STUDIO PAINT】

ペンタブについては、以下の記事で【5000円以下の初心者向けペンタブ】をニーズ別にオススメしていますので、ぜひ参考にしてください。

マウスで描くという人もいるかもしれませんが、ペンタブの方がはるかに描きやすいですし、お絵描きの楽しさを味わうことができると思います😊

下絵を描く

では、本題に戻ります。

前工程で「ネーム」はできていると思うので、それに沿ってペイントソフト&ペンタブでページ全体の下絵を描いていきます。

ざっくりでも構わないのですが、あまりにもざっくりすぎる(たとえば、棒人間レベル)とこの後img2imgでうまくいかないので、ある程度は描き込んでおいた方がいいです。

るん
るん

難しいポーズはざっくりでもOK👌

[AIマンガ] 下描き

たとえば、私の場合、「抱きつくポーズ」がうまく描けなかったので、超ざっくりな下描きをimg2imgに入力して、下絵のベースとなる絵を作成しました。

難しいポーズはざっくりでOK

カラー漫画でも白黒漫画でも、この下描きのときにざっくりと色を塗っておいた方がいいです。
この後のimg2imgでは色がかなり反映されるからです。

るん
るん

白黒漫画なら「グレー」で色を塗っておきましょう

[AIマンガ] 下描き時の着色

下描きのベースをtxt2imgで描くという方法も

うまい構図が思いつかない場合や難しくて描けない場合、「下描きの下描き」を画像生成AIで作るという手もあります。

たとえば、「2人の女の子が夏休みに田舎で遊んでいるシーン」を描きたいとします。
2人の女の子が夏の屋外で遊んでいるというようなプロンプトでtxt2imgで画像生成してみると、いいアイデアが浮かぶかもしれません。

プロンプト

2girls, playing, summer, outdoors, t-shirt, short pants, smile

[AIマンガ] 画像生成AIに絵のアイデアを出させる
txt2imgで画像を生成してイメージをふくらませる

②コマに分割&リサイズ

[AIマンガ] コマ分割

ページ全体の下描きができたら、img2imgを行うための画像を準備します。

画像ファイルに書き出し

CLIP STUDIOで描いたページを画像ファイルとして書き出します。
メニュー「ファイル」ー「画像を統合して書き出し」ー「.png」で書き出しましょう。

[AIマンガ] 下描き画像をファイルに書き出す

コマに分割

らん
らん

え?この下描きをそのままimg2imgするんじゃないの?

るん
るん

複数のシーンで構成されているのでそれは難しいです!

ページには複数のコマ(シーン)が含まれているので、これらを一度にimg2imgで画像生成することはできません。

img2imgで画像生成するときは、1シーン(1コマ)1枚が基本です。

書き出した画像をトリミングしてコマごとに分割します。

台形のような変形コマもあると思いますが、長方形か正方形で分割します。 アスペクト比はあまり気にしなくても構いません。

そして、各画像ファイルは長辺が500~700px程度になるようにリサイズしましょう。画像生成AIのメモリを節約し、処理を高速に行うためです。
(クリスタは100%の縮尺で画像書き出しすると、かなり大きなサイズになっています。)

[AIマンガ] ページの下描きをコマごとに分割&リサイズ

このリサイズを行っておかないと、img2imgでメモリー枯渇を起こしますので注意しましょう。

1コマの中に複数の人物がいる場合には、1コマをさらに人物ごとに分割することもあります。

③Stable Diffusionのimg2img

[AIマンガ] 画像生成(img2img)

用意した画像をStable Diffusionのimg2imgで清書します。
Stable Diffusion WebUIでのやり方を説明します。

img2imgを開き画像をアップロードします。

[AIマンガ] img2imgに下描きを読み込む

モデルを選びます。

[AIマンガ] img2imgのモデル選択

マンガの絵柄を左右するのでこのモデル選びはとても重要です。
ご自身のイメージに近い絵柄のモデルを探しましょう。モデルをマージして自分好みのモデルを作るのも手です。

詳しいやり方はこちらの記事も参照してみてください。


プロンプト(呪文)を入力します。

[AIマンガ] img2imgのプロンプトを入力

等倍にするため「Resize by」で「1」を選択します。

[AIマンガ] img2imgのResize

Denoising strengthはどれだけ下絵から離れた絵を生成するかの度合いと考えればよいです。
0~1の間で0.01刻みで指定することができます。
値が小さいほど下絵に近く、値が大きいほど下絵から離れた絵になります。

0.5を超えると下描きから離れすぎてしまうので、0.3~0.4くらいが良いかと思います。下描きの完成度などにもよると思うので、トライ&エラーでいい感じの値を探してみてください。

[AIマンガ] img2imgのDenoising strength

ある程度、納得のいく絵が生成できるまで何度もトライしましょう。この時点ではふつう、「これでカンペキだ!」という絵はできません。ある程度イメージに近い絵ができたらよしとして次に進みます。

この過程でおそらく大量に画像を生成することになると思います。大量の画像の管理にはぜひ「Eagle」を使ってみてください✨スマートに画像を管理することができますよ😊

もし、ここでカンペキだと思う絵ができたら、「⑥コマをページに合成」に進みましょう。

白黒漫画なのにほんのり色が着いてしまう…?

下描きが白黒なら、生成した画像もほぼ白黒になりますが、まれにほんのり色がついてしまうこともあります。

るん
るん

「ほっぺの赤み」などです

これは、プロンプトにmonochomeをつけるとある程度抑制できます。
それでも色がついてしまう場合もありますが、クリスタの場合、このあとの工程で「グレースケール」に変換するので、それほど気にする必要はありません。

④生成画像の修正

[AIマンガ] 生成画像の修正

通常、1回のimg2imgでカンペキに意図通りの絵ができることはないです。

表情が意図と違う、服装がちょっとヘン、手指がおかしいなど、どこかしら気になる点があると思います。

inpaintなどを使って修正するのも1つの方法ですが、自分のテイストを入れ込むためにも手描きでの修正をオススメします。

CLIP STUDIOで③で生成した画像を読み込みます。

[AIマンガ] 生成画像をクリスタで開く

「輝度を透明度に変換」します。これで白い部分が透明になります。(複数の画像を合成してひとつのコマに仕上げるときに便利なのでこうしておく) また、少し色が載っている絵もこの時点でグレースケールにできます。

[AIマンガ] 輝度を透明度に変換

これで白い部分が透明になります。(複数の画像を合成してひとつのコマに仕上げるときに便利なのでこうしておく) また、少し色が載っている絵もこの時点でグレースケールにできます。

[AIマンガ] 画像が線画になる

このままだと背景が透けています。背景を白にするために、「編集」から「キャンバス基本設定を変更」を選択して、用紙色を「白」に変更します。

[AIマンガ] キャンバス基本設定を変更
[AIマンガ] 用紙色を白に変更
[AIマンガ] 用紙が白になる

絵を微修正しましょう。
表情やキャラの特徴的な部分(まゆげや髪のハネなど)、手指などの気になる部分を修正していきます。カンペキにする必要はありません。

この絵の場合、本当はノースリーブにしたいのですが、長袖になってしまっていたので、そこを修正します。

[AIマンガ] 手描き修正
るん
るん

手描き部分がなんか浮いてますが、気にする必要はありません

上部メニューの「ファイル」ー「画像を統合して書き出し」ー「.png」で画像をファイルに書き出します。

[AIマンガ] 画像ファイルに書き出す

※この時点で納得いくものができたら「⑥コマをページに合成」に進んでOKです。

⑤ img2img→修正の繰り返し

[AIマンガ] 画像生成と修正の繰り返し

修正した画像を再びimg2imgに読み込んで、画像を生成しましょう。
先ほどよりもイメージに近い絵になるはずです。

以降は修正→img2imgを納得できるまで繰り返します

[AIマンガ] img2imgと修正を繰り返す

最後の仕上げとしてimg2imgを使うときは、Denoising strengthを低めにするとイメージをあまり変えずに、修正部分をなじませることができるのでオススメです。

⑥コマをページに合成

[AIマンガ] 完成したコマ画像をページに戻す

クリスタのページに戻って、完成したコマの画像を読み込みます。

画像を拡大する

このとき、生成画像は500~700pxくらいのサイズのはずなので、そのままクリスタに読み込むと小さすぎます。

そのため、まずは画像をきれいに拡大しておきます。方法はこちらの記事を参照ください。
私の場合は「Real-CUGAN-GUI」という無料ツールを使っています。動作も早いですし、とても使いやすいので気に入っています。

画像をページに合成する

上部メニューの「ファイル」ー「読み込み」ー「画像」でコマ画像を読み込みます。

[AIマンガ] コマの画像をページに読み込む

大きさ・位置をコマに合うように調整しましょう。
この時点で、セリフとの兼ね合いなどを見ながら、絵を修正するときには画像を「ラスタライズ」→「輝度を透明度に変換」するとやりやすいと思います。

[AIマンガ] 読み込んだコマ画像の大きさ・位置をあわせる

以降は、②~⑥を各コマごとに行ってページを完成させます。

まとめ

生成AIをうまく活用することで、初心者であってもマンガ制作にチャレンジできるようになります。
マンガのネタ出しには「ChatGPT」、絵の清書には「画像生成AI」を使うことができます。

ですが、これらはあくまでクリエーターを補助してくれる「便利なツール」と考えた方が良いと思います。最終的に作品を魅力的にするのは人間の「創造力・想像力」です。

るん
るん

AIの力を借りつつも、自分ならではの表現を磨いていきましょう♪

作品紹介「夏のまほろば」

AIを活用して制作した私のマンガ「夏のまほろば🌻」は下記の外部サイト(ニコニコ静画)でご覧いただけます。ご興味あれば見ていただけると、とても喜びます😆

あらすじ

都会での仕事に疲れ切っていたアラサー女子の「めぐみ」。
久しぶりに取得した夏休みをどう過ごそうか考えたとき、心に浮かんだのは子どもときに訪れた祖父母の田舎の風景だった。
失った何かを求めるように、電車とバスを乗り継いで田舎へと向かう。
そこで再会したのは、あの日の姿のままの「ヒナちゃん」だった。

夏のまほろば

Stable Diffusionを始めたいなら

本記事を読んで、Stable Diffusionで画像生成AIをしてみたいと思ったら、以下の記事もご参考にどうぞ!

✅Stable Diffusionを知る

✅Stable Diffusionを本格的に始める

Stable Diffusionを本気で始めるならグラフィックボードが搭載されたパソコンが必要になります。最適なパソコン選びについてはこちらの記事をご覧ください。

プロフィール
この記事を書いた人
千鳥 るん | Chidori Run

画像生成AIで思い通りのイラストを描くためのノウハウを試行錯誤で模索しています。IT企業でAI戦略に関わっていたこともあるAIエンジニアです。大学生の頃から趣味でイラストを描いていましたが、仕事が忙しくなり一旦筆を置きました。最近、NovelAIと出会ってまたお絵描きへの情熱を取り戻しています。

千鳥るんをフォローする
NovelAIStable Diffusion画像生成AI全般
スポンサーリンク
シェアする
千鳥るんをフォローする
るんるんスケッチ

コメント