PR

にじジャーニー(niji journey)でAIイラストを始めよう!使い方や料金プランを解説

にじジャーニーでAIイラストを始めよう!
この記事は約11分で読めます。

にじジャーニーとは

にじジャーニーの生成画像イメージ
筆者が「にじジャーニー」で生成した画像

にじジャーニー(niji journey)」は、近年話題の「画像生成AIサービス」のひとつです。
その特徴は、「にじジャーニー」の名前の通り、「二次元」のアニメ風イラストに特化していることです。

「にじジャーニー」は、AIイラストのさきがけとなった「Midjourney」をベースにしています。写実的な絵が得意なMidjourneyに対して、アニメ風の絵が得意とするのが「にじジャーニー」なのです。

にじジャーニーは使い方や料金の考え方が他の画像生成AIサービスと比べて少しユニークです。
ですので、はじめて使う人はとまどうかもしれません。

本記事では、そんな「にじジャーニー」の使い方や料金プランをわかりやすく解説します!

この記事はこんな人におすすめ
  • アニメ系の「AIイラスト」を始めてみたい人
  • 「にじジャーニー」というサービスがどんなものか知りたい人
  • どの「AIイラストサービス」がいいか迷っている人

にじジャーニーの使い方と料金プラン

にじジャーニーの使い方と料金プランは、他の画像生成AIサービスと比べて少し特殊な印象を受けます。はじめての人がとまどわないように、まずはそこから解説していきます。

らん
らん

なんかちょっと不安…

るん
るん

一度知っておけば大丈夫です♪

にじジャーニーは「ディスコード」内で使う

にじジャーニーはDiscord(ディスコード)というチャットサービス内で画像生成を行います。チャットのような感じで、チャットボックスに画像生成を指示するコマンドと一緒に「どんな絵を描きたいか」を入力することで画像が生成されます。

にじジャーニーをDiscordで利用するイメージ

Discord(ディスコード)は、アメリカで誕生したチャットサービスです。もともとは、ゲームコミュニティ向けのコミュニケーションツールでしたが、その使い勝手の良さからビジネスシーンにも利用が広がっています。

らん
らん

日本でよく使われている「Slack」に似てるね💡

ディスコードはコミュニケーションアプリなので、多くの人がログインしています。
そして基本的にはチャットもオープンなので、自分が生成した画像は他の人も見ることができますし、他の人が生成した画像も見ることができます

らん
らん

自分の絵が見られるの、なんか恥ずかしい…

るん
るん

後述するように自分の絵を見られないようにするプランもあります

にじジャーニーの料金プランは4つ

にじジャーニーは月額課金または年額課金でのサブスクリプションサービスです。無料で利用することはできません
※以前は、最初の数枚ほどは無料でお試し生成ができましたが、現在はできません

にじジャーニーのプランは2023年10月時点で、「ベーシック」「スタンダード」「プロ」「メガ」の4つです。

プラン料金(月額)内容
ベーシック10ドル(約1500円)高速生成で月に3時間20分まで。※目安:約200枚
スタンダード30ドル(約4500円)高速生成で月に15時間まで。※目安:約900枚
低速生成なら無制限
プロ60ドル(約9000円)高速生成で月に30時間まで。※目安:約1800枚
低速生成なら無制限
ステルスモードで画像生成できる。つまり、他人にプロンプトや生成した画像を公開しないモードにできる。
メガ120ドル(約18000円)高速生成で月に60時間まで。※目安:約3600枚
低速生成なら無制限
ステルスモードで画像生成できる。
にじジャーニーの料金プラン(1ドル=150円で換算)
らん
らん

高速生成15時間まで」ってどういう意味?

生成コストの考え方がにじジャーニーは少し変わっていて、「月に◯◯枚まで画像を生成できる」という考え方ではなく、「月に〇〇時間まで画像生成AIを使える」という考え方です。
なので、料金プランの違いも「画像生成AIを使える時間の長さの違い」ということになります。

また、画像生成には「高速モード(Fastモード)」と「低速モード(Relaxモード)」があります。
画像生成では、まず「高速モードの時間」を消費していき、それがなくなったら「低速モード」へ移行できるということです。低速モードでは生成開始までの待ち時間が長いかわりに生成し放題になります。

【にじジャーニー】プランごとの利用可能時間の違い
プランごとの利用可能時間の違い

にじジャーニー公式によると「低速モード」での生成時間は、「高速モード」と変わらないときもあれば、10~20分くらいかかるときもあるとのこと。
なお、「低速モード」は単に時間がかかるかどうかの問題であって、生成画像の品質とは無関係です。

そして、もうひとつ大切なのが「ステルスモード」です。

生成した画像は基本的にはディスコードですべて公開されています。つまり誰にでも見られる可能性があるということです。もし公開したくない場合は「ステルスモード」で画像生成する必要があります。

この「ステルスモード」は「プロ」「メガ」プランでのみ利用することが可能です。

にじジャーニーの始め方

にじジャーニーの使い方のイメージと料金プランがわかったところで、具体的な始め方を見ていきましょう。

にじジャーニーのサイトとディスコードを行ったり来たりするので、ちょっと混乱するかもしれませんが、手順通りゆっくり進めていけば大丈夫です😊

アカウントの登録

トップ画面ではかわいい女の子がふよふよしていますが、少し下にスクロールすると、「今すぐ始めましょう!」というボタンがあります。これをクリックします。

【にじジャーニー】「今すぐ始めましょう」をクリック

ディスコードに参加しましょう!」をクリック。

【にじジャーニー】「ディスコードに参加」をクリック

ここからは「ディスコード」の登録画面になります。
ディスコードのアカウントを持っていない場合は、任意の表示名(ニックネーム)を入力して「はい」をクリックします。なお、ディスコードの登録は無料なので安心してください。

ディスコードのアカウントを持っている場合は、「既にアカウントをお持ちですか?」をクリックしてログインしてください。

【にじジャーニー】ディスコードに登録1

はじめてディスコードを使う場合、もろもろの認証確認があります。
まず「私は人間です」にチェック入れます。そして年齢確認のため、誕生日を入力します。

【にじジャーニー】ディスコードに登録2

メールアドレスとパスワードを入力してディスコードの登録を完了しましょう。
このあと登録したメールアドレスにディスコードから認証メールが届くのでわすれずに。

【にじジャーニー】ディスコードに登録3
【にじジャーニー】ディスコードに登録完了

にじジャーニーで使う言語を選びます。

【にじジャーニー】表示言語を選択

ディスコードのアカウントが作成されると、登録したメールアドレス宛に本人確認用のメールが届きます。メールを読んで、メール内の「メールアドレスを認証する(Verify Email)」をクリックしましょう。

【にじジャーニー】ディスコードに登録した後のメール認証

これでディスコードのアカウントが有効化されました。
ディスコードに戻りましょう。

左のメニューのこれが「にじジャーニー」のサーバーで、この下にたくさんのチャンネルが並んでいます。

ディスコードの「にじジャーニー」のサーバー

サーバーの下にはいろいろなチャンネルが並んでいます。

らん
らん

ど、どこから見ればいいの…?

突然の情報量の多さに面食らってしまうと思いますが、チャンネルの中からNIJI・JOURNEY[JA] というのを探してみましょう。日本語で書かれているチャンネルです。
ここの「🔰はじめに」というところから読んでみることをおすすめします。

【にじジャーニー】ディスコードにログインしたら「はじめに」を読もう
まずは日本語のチャンネルが安心ですね

プランの購入

らん
らん

さっそくAIイラストを描いてみたいな♪

るん
るん

まずは「プラン契約」から💡

にじジャーニーは無料で使うことはできません(お試しもできません)。
なので、画像生成したい場合は、まず最初にプランを契約する必要があります。

ディスコードの下部の方にある「チャットボックス」に

/subscribe

と入力しましょう。

【にじジャーニー】サブスクリプションの登録1

すると、メニューが出てくるので「Manage Account」をクリックします。
にじジャーニーのウェブサイトに移動します。

【にじジャーニー】サブスクリプションの登録2

プランと料金が表示されますが、デフォルト表示では「年間課金」になっているので注意してください。
各プランの違いを改めて記載しておきます。(2023年10月時点の情報です)

プラン料金(月額)内容
ベーシック10ドル(約1500円)高速生成で月に3時間20分まで。※目安:約200枚
スタンダード30ドル(約4500円)高速生成で月に15時間まで。※目安:約900枚
低速生成なら無制限
プロ60ドル(約9000円)高速生成で月に30時間まで。※目安:約1800枚
低速生成なら無制限
ステルスモードで画像生成できる。つまり、他人にプロンプトや生成した画像を公開しないモードにできる。
メガ120ドル(約18000円)高速生成で月に60時間まで。※目安:約3600枚
低速生成なら無制限
ステルスモードで画像生成できる。
にじジャーニーの料金プラン(1ドル=150円で換算)

お好きなプランを選んで「Subscribe」をクリックします。
月の途中でもプランを切り替えることができるので、まずは「ベーシックプラン」をおすすめします。

【にじジャーニー】サブスクリプションの選択画面

支払いに必要な情報を入力して「申し込む」をクリック。ここでも念のため、料金が正しいかを確認しましょう。

【にじジャーニー】サブスクリプションのカード情報を入力

これでプラン契約完了です。画像生成できるようになりました🎉

らん
らん

やったね!

にじジャーニーで画像を生成する

ここまで長かったですね。お疲れさまでした🍵

ようやく準備が整ったので、にじジャーニーでAIイラストを生成してみましょう🎨
では、あらためて、ディスコードに戻ります。

「画像生成」というチャンネルがあると思うので、そこに移動してみましょう。
少し眺めていると、他の人がどんどん画像を作っているのがわかると思います。

らん
らん

わたしも画像を生成しよう!

では、早速、何か好きな画像を生成してみることにしましょう。
まず、画面の下部にあるチャットボックスにどんな絵を描きたいのかを書き込みます。
この「どんな絵を描きたいか」の指示のことを「プロンプト」といいます。

プロンプトは英語で書くことが多いのですが、にじジャーニーではプロンプトは日本語でもOKなのが嬉しいですね。(英語でももちろんOKです)

プロンプトは文章でも構いませんが、単語をカンマ区切りで並べていく方が簡単です。(どちらかというと、その方がスタンダードです)

あまり難しく考えずに思いつくままに言葉を並べてみましょう。

ここでは、「女の子、黒髪、ショートヘア、着物、笑顔、公園、紅葉」というワードで画像生成してみることにしましょう。

ここでチャットボックスにそのまま女の子、黒髪、ショートヘア、着物、笑顔、公園、紅葉」と入力しても何も起きません。ただ、発言が書き込まれるだけです。

/imagine というコマンドを打ってから、その後に続けて「女の子、黒髪、ショートヘア、着物、笑顔、公園、紅葉」を入力する必要があります。

/imagineと入力してスペースキーを押します。するとプロンプトを入力するボックスが表示されるので、ここにプロンプトを入力します。

【にじジャーニー】imagineコマンドで画像を生成

はじめてにじジャーニーを使う場合、利用規約への同意画面が表示されるので「Accept ToS」をクリックしましょう。

状況にもよりますが、画像は数十秒で生成されます。
最初ぼやっとした画像からじわじわと画像が生成されていく様子がわかります。

【にじジャーニー】絵が生成されていく様子
【にじジャーニー】数十秒まつと絵が完成
らん
らん

おおーかわいい

にじジャーニーでは1つのプロンプトから、同時に4枚のイラストが生成されます。
画像をクリックして、「ブラウザで開く」をクリックすれば大きな画像として見ることができます。
右クリックで画像をダウンロードすることもできます。

らん
らん

でもこれ4枚がくっついてるよ!ばらばらにダウンロードしたいんだけど…

るん
るん

もちろんできます!

生成された画像は4枚がグリッド上にくっついています。これをばらばらにダウンロードするには次のようにすればOKです。

  1. リアクションを付ける」をクリックする
  2. envでアイコン検索する
  3. 検索結果の「メールのアイコン」をクリックする
  4. niji・journey Botからダイレクトメッセージが届くので開く
  5. メッセージ内に画像がばらばらになって貼られているので、クリックして開いてダウンロードする
【にじジャーニー】4枚のグリッド画像をばらばらにダウンロードする方法

スマホからの画像生成

ここまでパソコンでの操作を前提にして解説してきましたが、にじジャーニーはスマホからでも画像生成を楽しむことができます。

方法は2つあります。

  1. 「ディスコード」アプリを使う
  2. 「にじジャーニー」アプリを使う

Discordアプリを使う

にじジャーニーは結局ディスコードでのチャットサービスを利用して画像を生成しています。
なので、スマホの「ディスコード」アプリをインストールすれば、パソコンとほぼ同じ使い勝手でスマホからにじジャーニーを使うことができます。

【にじジャーニー】スマホのディスコードアプリでも使える
スマホアプリの「ディスコード」でにじジャーニーを使う

にじジャーニーアプリを使う

2023年10月にリリースされたスマホ版(Androdi/iOS)「にじジャーニー」アプリを使うこともできます。ただし、こちらはディスコードでのにじジャーニーとは使い勝手がだいぶ異なり、プランも別になります。

【にじジャーニー】スマホの専用アプリ
スマホのにじジャーニー専用アプリ

詳しくは別記事を執筆中です。

まとめ

「にじジャーニー」はアニメ系のイラストに特化した画像生成AIサービスです。
無料で使うことはできませんが、月額10ドルから気軽に始めることができます。

新モデルが登場したり、スマホアプリが提供されたりと、進化を続ける「にじジャーニー」に今後も注目です!

他の画像生成AIサービスも知りたいという人はこちらの記事もおすすめ

プロフィール
この記事を書いた人
千鳥 るん | Chidori Run

画像生成AIで思い通りのイラストを描くためのノウハウを試行錯誤で模索しています。IT企業でAI戦略に関わっていたこともあるAIエンジニアです。大学生の頃から趣味でイラストを描いていましたが、仕事が忙しくなり一旦筆を置きました。最近、NovelAIと出会ってまたお絵描きへの情熱を取り戻しています。

千鳥るんをフォローする
画像生成AI全般
スポンサーリンク
シェアする
千鳥るんをフォローする
るんるんスケッチ

コメント