PR

【NovelAI】Stepsって何?適切なStepsで絵を洗練しよう

【NovelAI】Stepsって何?
この記事は約6分で読めます。

NovelAIの「Steps」

NovelAIには様々な設定値がありますが、その中に「Steps」という項目があります。初期値は28で、1~50まで自由に変えることができます。これは一体なんなのでしょうか?

デフォルト値のまま変えなくていいのか?それとも色々と変えてみるべきなのか?よくわからないという方も多いことでしょう。

本記事ではStepとは一体何なのか?効果的な使い方などを解説していきます。

NovelAIの「ステップ」設定
NovelAIの「ステップ」設定

Stepsとは

画像生成とStepsの関係

「Steps」はNovelAIが絵を生成する仕組みに関わっているので、まずAIが画像生成する仕組みを超ざっくりとお話します。

NovelAIは「画像生成AI」と呼ばれるAIのひとつです。
AIのよる画像生成は様々な手法が研究されていますが、NovelAIでは、ぼやぼやっとしたノイズ画像から少しずつノイズを取り除いていき絵を作り出すという手法を採用しています。

ノイズから絵を作り出すイメージ図(Diffusionモデル)
ノイズから絵を作り出すイメージ図
るん
るん

すごく不思議ですが…とりあえずそういうもんだと思ってくださいね♪

この「ノイズを少しずつ取り除いて絵を鮮明にしていくステップ」が、NovelAIでのStepsなのです。

Stepsを大きくするほど、絵がより洗練されていくイメージでよいと思います。百聞は一見にしかずなので、Stepを1から50まで変えて生成した画像を見てみましょう。

次のようなシンプルなプロンプトで絵を生成します。「秋の風景に佇む着物の女性」です。

プロンプト

girl, kimono, blunt bangs, medium hair, autum

Step1はぼやっとしたノイズから始まります。

「秋の風景に佇む着物の女性」Step=1
「秋の風景に佇む着物の女性」Step=1

Step5くらいまでなにやら女性っぽい形が現れてきていますが…ホラーですね。

「秋の風景に佇む着物の女性」Step=5
「秋の風景に佇む着物の女性」Step=5

Step10でようやく着物姿の女性らしくなりました。でもまだぎこちない感じです。

「秋の風景に佇む着物の女性」Step=10
「秋の風景に佇む着物の女性」Step=10

Step15くらいになるとグッといい感じですね。全体としては十分イラストとして通用するレベルですが、まだ指がヘンです。

「秋の風景に佇む着物の女性」Step=15
「秋の風景に佇む着物の女性」Step=15

Step20-25くらいになると細かい部分まで書き込みされて絵に厚みが出てきた感じがしますね。

「秋の風景に佇む着物の女性」Step=25
「秋の風景に佇む着物の女性」Step=25

ここから50までステップを進めてもあまり変化はありません。帯の柄とか手の組み方とか細かいところは変化していきますが、好みの問題のような気がします。

「秋の風景に佇む着物の女性」Step=50
「秋の風景に佇む着物の女性」Step=50

このイラストの生成についてはSteps=25前後で収束していて、それ以降はほとんど変化がありませんでした。よって、このイラストについてはStepsはデフォルトの28のままで十分というのが1つの結論です。

Stepsが増えると消費するAnlasも増える

Stepsは50まで設定することができますが、Stepsを増やすと、それだけAIを働かせるということになります。したがって、それだけコストがかかるということになります。Stepsを増やすと消費するAnlasが増えるということです。

Opusプランの場合、Stepsが28以下であればAnlasは発生しません。Stepsが29以上になるとAnlasを消費し、Stepsを増やすにつれ消費するAnlasも増えていきます。

るん
るん

無闇にStepsを増やすと、Anlasがすぐなくなってしまうので注意!

Stepsはいくつがいいか?

Stepsという設定値が何を表しているのかについてはご理解いただけたと思います。では、このStepsはいくつに設定するのが適切なのでしょうか?

先ほどのイラストでは

プロンプト

girl, kimono, blunt bangs, medium hair, autum

というとてもシンプルなプロンプトでした。今度はもっと複雑なプロンプトで、Stepsを経るごとに絵がどのように変わっていくのか見てみましょう。

Stepによる画像の変化(収束)は「サンプラー」の設定によっても異なります。ここではあくまで一例ということでご理解ください。

プロンプトは元素法典の「森羅の呪文」から拝借しました。

プロンプト

masterpiece, best quality, super fine illustration,masterpiece, best quality,{beautiful detailed eyes},1girl,finely detail,Depth of field, 4k wallpaper,bluesky,cumulus,wind,insanely detailed frills,extremely detailed lace,BLUE SKY,very long hair,Slightly open mouth,high ponytail,silver hair,small Breasts,cumulonimbus capillatus,slender waist,There are many scattered luminous petals,Hidden in the light yellow flowers,Depth of field,She bowed her head in frustration,Many flying drops of water,Upper body exposed,Many scattered leaves,branch ,angle ,contour deepening,cinematic angle ,{{{Classic decorative border}}}

Step=1では、このようなノイズから始まります。

「森羅の呪文」Step=1
「森羅の呪文」Step=1

Step=5で大地に花が咲き、光の中から何やら女性の姿らしきものが現れてきました。

「森羅の呪文」Step=5
「森羅の呪文」Step=5

Step=9ではっきりと銀髪の女性の姿になりました。

「森羅の呪文」Step=9
「森羅の呪文」Step=9

Step=15で花が咲き乱れ、物憂げな表情になってきました。

「森羅の呪文」Step=15
「森羅の呪文」Step=15

Step=25あたりでさらに絵が繊細になりました。

「森羅の呪文」Step=25
「森羅の呪文」Step=25

Step=32で髪型が変わりhigh ponytailになりました。

「森羅の呪文」Step=32
「森羅の呪文」Step=32

Step=35で突如構図が変わり、左向きから右向きに。このあたりから再び髪型も変わっています。

「森羅の呪文」Step=35
「森羅の呪文」Step=35

ここから先は構図も髪型もほとんど変わりませんが、表情や輪郭などが微妙に変化し続けています。

シンプルなプロンプトの場合はイラストがStepの早い段階で収束し、その後の変化はほとんどありませんが、複雑なプロンプトの場合は収束が遅くStepを変えることによる変化が大きいようです。

Stepsで絵を洗練させる

Stepsを増やすと「絵が洗練されていく」ということがわかりました。
ただし、Stepsを増やすと消費するAnlasが増えますし、シンプルなプロンプトではStepsを増やしても絵はあまり変わらないので、適切なStepsを探っていくことが大切です。

まずは、Stepsはデフォルトの28のままにしてイラストを生成することをオススメします。複雑なプロンプトなどで、絵の洗練度が足りないなと思った場合に、Stepsを増やして様子を見ていくというのがいいのではないかと思います。

るん
るん

残念ながら、あらゆるケースでベストなStepsの値というものはありません。

生成したいイラストに最適なStepsを探っていきましょう♪

プロフィール
この記事を書いた人
千鳥 るん | Chidori Run

画像生成AIで思い通りのイラストを描くためのノウハウを試行錯誤で模索しています。IT企業でAI戦略に関わっていたこともあるAIエンジニアです。大学生の頃から趣味でイラストを描いていましたが、仕事が忙しくなり一旦筆を置きました。最近、NovelAIと出会ってまたお絵描きへの情熱を取り戻しています。

千鳥るんをフォローする
NovelAI
スポンサーリンク
シェアする
千鳥るんをフォローする
るんるんスケッチ

コメント